診療科目

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
診療科目

歯ぎしり、顎関節症

歯ぎしり、顎関節症

ブラキシズム(歯ぎしり)は蓄積されたストレスを緩和、発散する必要な生理反応で多くの人に見られる現象です。

しかし歯の摩耗や亀裂、知覚過敏、楔状欠損(歯の根元が欠ける)、歯肉が下がる、歯周病を進行させるなどの歯に対し悪影響を及ぼす力がかかるため治療によるコントロールが必要です。
悪化すると頻繁に詰め物が取れる、虫歯が多発する、歯の破折、顎関節症などの一因になる事も有ります。
歯ぎしりは自覚しにくく、更に音がしないタイプもあります。

治療として一般的なのは、患者さんの合ったマウスピースを作成することです。
顎関節症の治療法で最も一般的な治療法がスプリントを用いた治療法です。
これはプラスチック製のマウスピースのようなもので、上下どちらかの歯列に使います。
こちらを使うことで関節にかかる負担が軽減されると言われています。

予防歯科

歯科医師

「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング(PMTC)」を行っております。単なる「歯の汚れを取る」という美容目的だけでなく、「歯周病の予防」も目的とする歯のクリーニングです。

ブラッシングでは落としきれない汚れや歯石、ステインを専用の機器を使って除去し、歯本来の色を取り戻していきます。

ブラシチップラバーカップ
さまざまなタイプのチップやブラシを使い分け、プロによる清掃を行います。

一般歯科

患者さん

一昔前に比べると、現代人の虫歯も随分少なくなってきましたが、それでもまだ多くの患者さんが、「どうしてこんなに悪くなるまで放っておいたの?」というくらい、痛みを発症してからお見えになられます。

小さな虫歯の段階から発見することができれば大切な歯を守れます。
軽度の虫歯治療から神経まで進行してズキズキ痛む重度の虫歯治療まで、できるだけ痛みの少ない治療をご提供いたします。

歯周病

歯石

歯を失う一番の原因は虫歯ではなく歯周病です。歯周病は初期の段階では、自覚症状がなく、気づきにくいため、重度の段階になってから来院される方が多いのが現状です。

気が付いたら歯がグラグラ、ぬけ落ちた、…ということがないよう、早めの検診を受けましょう。

歯周病チェックリスト ~あてはまるものがありますか?~

審美歯科

女性

歯をより美しく、白く、そして長持ちさせるならば、セラミック治療を主体とした審美治療がおすすめです。

奥歯の銀歯の詰め物を白く変えるセラミックインレーや、保険の差し歯よりも美しく永続的に長持ちするオールセラミッククラウンなど、お気軽にご相談ください。

前歯
▲オールセラミッククラウン

詰め物
▲セラミックインレー

ホワイトニング

口元

クリーニングだけでは汚れや着色、黄ばみが落ちないという方には、ホワイトニングがおすすめです。

ご自宅でお気軽にできるホームホワイトニング、クリニックで施術するオフィスホワイトニングなどをおすすめしております。お気軽にご相談ください。

トレイ
▲ホワイトニングキット

照射
▲オフィスホワイトニング

 

インプラント

人工歯根

歯を失った方へおすすめするのが、本物の歯と変わりなく噛めることのできるインプラントです。

部分的に欠損した方であれば、ブリッジや部分入れ歯に比べ、周りの歯に負担をかけることなく、自然な見た目と噛み心地を実現します。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に気道が狭くなり、いびきをかいたり、断続的に呼吸が止まる状態を繰り返す病気です。
その結果十分な睡眠がとれず、日中の眠気や集中力低下、早朝の頭痛などの症状が出現し日常生活に支障をきたします。

呼吸が止まることにより、酸素が不足し心臓や循環器に負担がかかり不整脈、高血圧、心疾患、脳血管障害などの全身への悪影響もでてきます。
日本には、潜在的に200~300万人の睡眠時無呼吸症患者が存在するといわれています。内科または耳鼻科にて診察を受け、睡眠時無呼吸症候群の診断をされた後に医科からの依頼に基づいて、歯科医院でマウスピースの製作・装着を行います。

個々の患者さんの歯型に合わせて作成された専用のマウスピースを装着することで下あごを前に固定し、気道の大きさを確保し、無呼吸・いびきを防止します。

お問い合わせ

アクセス

ページの先頭へ

あざみ野 前田歯科医院

予約電話をする